ヨリタ歯科クリニック
無料メール相談
ワクワク楽しい歯のまめ知識
はじめに
歯のまめ知識
治療を始める前のまめ知識
本当にそうなの まめ知識
歯の治療は痛くて嫌だ
歯の治療はどうしてあんなに回数がかかるのか?
ココの虫歯だけでいいといったのに他の虫歯も治療された
歯石を取ってくれといったのに歯ブラシ指導され
歯周病の治療ばかりでなかなかかぶせ物を作ってくれない
せっかく治療してもまた悪くなるのはなぜ?
一本の歯を抜いたら2本も削られた
部分入れ歯を入れたら歯がどんどん悪くなった
歯がしみるのがすぐに治らない
下の歯を治療するときに上の歯の治療も勧められた
咬み合わせの仕組み【良いかみあわせとは】【奥歯は前歯を守り、前歯は奥歯を守ります】
日本の歯科医療の現状
歯科医療の治療費
かぶせ物はどれくらい持つのか?
治療の限界
予防歯科を始めましょう!
細菌のコントロール
なぜ虫歯や歯周病は薬では治らないのか?
一生自分の歯で過ごすために。今までこれから
歯の神経って取っても大丈夫なの?
歯の治療は痛くて嫌だ

お口の中は神経がたくさんある部分です。

歯は一見すると神経などなさそうですが、
実は歯の中心部には神経が走っており、さらに根っこの周囲にも
たくさんの神経が走っています。

したがって歯の治療は神経の近くをさわっているのと同じことなのです。
ページの先頭へ
歯の治療はどうしてあんなに回数がかかるのか?

虫歯の治療
では一回で済むのは削って
プラスチックで詰める治療だけです。

金属のかぶせ物を入れたりするには、
虫歯を取って形を整えてから型をとります。

その型から模型を作り、それを用いて技工士さんが
金属かぶせ物を作ってくれます。

この金属のかぶせ物を作る作業に時間がかかることと、
一度技工所に模型を渡さないといけないので一日では治療ができません。

また、神経を取る治療においては、一度神経を取ったのち、
そのままでは細菌がアゴの骨に入りやすいので詰め物をします。

しかし、神経を取ったその日は出血しているので詰めずに
数日間そっとしておきます。

痛みが無ければその時点で神経が
入っていた部分に詰め物をして土台の型取りをします。

この土台も技工所で技工士さんに作ってもらうのでここでまた数日かかります。

土台が入ったら最終のかぶせ物が入るように形を
修正して型を取り、再び技工所に渡して金属などに変えてもらいます。

このように金属に変えていくところで数日間かかるので
どうしても数回来院していただかないといけないのです。
ページの先頭へ
ココの虫歯だけでいいといったのに他の虫歯も治療された

虫歯は、歯に虫歯菌感染することによって起こります。
したがって虫歯のある箇所の近くには
虫歯が出来やすいことになります。

たとえば大きな虫歯が隣の歯と接している部分に出来たとしましょう。
すると隣の歯にも虫歯がある可能性は高いです。

なぜなら、虫歯は虫歯菌に感染することによって生じるからです。

虫歯があるということは、そこに虫歯菌がいるわけで、
近くの歯が虫歯になりやすいのです。

治療面から言うと、このようなタイプの虫歯は、
虫歯を取ったときに隣の面も見やすくなりますし、
きれいに詰めやすくなりますし、余分に削る必要もなくなります。

麻酔も一度ですむのであれば、それに越したことはないので、
出来れば治療は一度にさせていただいた方が良いのです。
ページの先頭へ
歯石を取ってくれといったのに歯ブラシ指導された

歯石は唾液中のカルシウムが歯の表面に沈着し、
結晶化することで出来てきます。

歯石そのものは害のあるものではありませんが、
ひとたび歯周病菌が中に潜んでしまうと
ブラッシングでは取れなくなってしまいます。

そこで歯周病菌の住み着いた歯石を除去するのですが、
歯石をつけなくするためには日頃のブラッシングがとても重要となります。

つまり、日頃のブラッシングを行い、歯周病菌を減らしておくことで
歯石がついたとしても害のある歯石にはさせないことも重要となります。

そこで歯ブラシ指導をさせていただく、ということになります。
ページの先頭へ
歯周病の治療ばかりでなかなかかぶせ物を作ってくれない
かぶせ物自体はすぐにお作りすることは出来ますが、
歯茎の状態が悪かったり、歯自体の状態が悪いと
かぶせ物を入れてもすぐ取れてしまったり、フィットが悪かったりします。

そこで歯自体や根っこ、および歯茎の状態をよくしてから
かぶせ物を作ったほうが、フィットがよく出来ます。

しかし、歯周病の治療は虫歯の治療のように詰めて終わり、
というようにすぐに終えられるものではなく、だんだんと
よくなってくるものなので多少時間がかかります。
ページの先頭へ
せっかく治療してもまた悪くなるのはなぜ?
虫歯は虫歯菌が長時間とどまることによって生じます。
虫歯を除去してプラスチックを詰めたり、かぶせ物をかぶせたりして、

一見きれいに治っているように見えるところですが、
細菌のレベルで見るとどうしても隙間があります。

その隙間に虫歯菌が住み着いてしまうと、
やはりそこから虫歯になりやすいです。

したがって治療した歯というのは、『これで虫歯にならない』
というわけではなく、ただ単に『虫歯が取れました』という状態であり、

詰めたものと歯の間にはわずかな隙間が出来ているので
虫歯になりやすい歯であることには変わりありません。

ですので、治療した歯は治療が終了した後もしっかりと
お手入れをしていただく必要があるのです。
ページの先頭へ
一本の歯を抜いたら2本も削られた
一本の歯を抜いたとき、そのままではお口の中全体が
ゆがんでくることについては、前項で書きました。
(抜けた部分はそのままではダメですか? 一本ぐらい歯が抜けたままではダメなの?の項参照)

では一本抜いた後はどうなるのでしょう?
保険治療であれば、入れ歯を作るか、
あるいは両隣の歯を削ってかぶせ物を作り、
そのかぶせ物に抜いた部分のダミーの歯を固定する、
ブリッジというタイプの一塊のかぶせ物を作ります。

もしブリッジを選択した場合、
抜いた歯の両隣の歯はたとえ健康であっても、
一周ぐるりと削らなくてはなりません。

他には、保険は効きませんが、インプラントを用いる方法もあります。
これはアゴの骨に直接ねじを打ち込み、
それを足がかりにして歯を作る、という方法です。

この方法では、隣の歯を削る必要もありませんし、
複数の歯を繋ぐこともないので、どれかの歯にトラブルがあっても、
その歯だけの対処で済みます。

インプラントについて詳しくはコチラに掲載しておりますのでご覧下さい。
ページの先頭へ
部分入れ歯を入れたら歯がどんどん悪くなった
部分入れ歯は、歯の無くなった部分にダミーの歯が入ります。
そしてそのダミーの歯にかかる力は、その近くにある
ご自身の歯と歯茎に負担してもらいます。

したがって、残っているご自身の歯の立場からすると、
無くなった分の歯にかかる力も余計に負担しないといけません。

支えとなる歯がしっかりとしているのであれば問題はありませんが、
歯周病などにより十分でない状態の歯を仕方無く支えにしたりすると、
その負担に耐え切れずに歯周病が進行したり、
歯牙が破折したりすることがあります。

また、支えとなる歯には金属の引っかかりがかかりますので
汚れがたまりやすくなります。

したがって場合によっては虫歯になり、状態が悪化することもあります。

しっかりとメンテナンスをしていればほとんどが回避できる問題ですので、
入れ歯を入れたときにもしっかりとしたメンテナンスが必要になります。
ページの先頭へ
歯がしみるのがすぐに治らない
歯のしみるのは、歯の表面のエナメル質
何らかの原因で無くなり、その内部の象牙質が露出してしまうためです。

象牙質には歯の中の神経につながる細い管があるので、
象牙質がむき出しになると、その細い管を通じて、
内部にある神経に刺激が伝わりやすくなります。

このため、冷たいものがしみたり、が当たるとしみたりするのです。
対症療法としては、この細い管を詰めてしまう方法があります。

一つはしみるところに薬液を塗って管の中にカルシウム
結晶を作ってしまう方法があります。

この方法では管の部分を理想的に塞ぐことが出来ますが、
完全にふさがるまでに何回か回数を要します。

すぐにしみを止めたいときには、虫歯のときに使う
プラスチックの材料を詰める方法があります。
原因療法としてはかみ合わせなどの調整を行うことがあります。

エナメル質がなくなってしまって象牙質がむき出しになるので、
エナメル質がなくなってしまった原因に対して治療をします。

歯茎に近い部分がV字型に大きく欠けてしまった歯をよく見かけますが、
これはかみ合わせが原因と考えられています。

かみ合わせが強いと、歯にかかる力は歯茎の近くに集中します。
これにより、歯茎の近くがV字状に欠けてしまうのです。
ページの先頭へ
下の歯を治療するときに上の歯の治療も勧められた
は動いていないようで意外とカンタンに動きます。
大きな虫歯になってかみ合わせの無くなった部分では、
もともとかみ合っていた相手の歯が延び出してきます。

この場合、虫歯の処置をして最終的かぶせ物を作るとき、
反対側の歯が飛び出しているので他の歯と同じ高さでかみ合わせが
作れないことがあります。

このような場合には反対側の歯も処置が必要になることもあります。
ページの先頭へ
咬み合わせの仕組み
【良いかみあわせとは】【奥歯は前歯を守り、前歯は奥歯を守ります】
かみ合わせが悪い』ということを耳にされたことがある方は多いと思います。
では良い 咬み合わせとはどういったものなのでしょうか?

それは、奥歯と前歯がしっかりと役割を果たせているか、にあります。
上下のアゴはまっすぐかみ合うことでしっかりと口が閉じます。

これは、まっすぐ咬んだときに上下の奥歯が
しっかりと咬んでくれるからなのです。
奥歯が無いと、前歯でかみ合うことになります。

通常前歯はまっすぐに咬みこまず、上の歯の裏側に
下の前歯が当たるので、奥歯が無いと上の前歯が強烈に突き上げられます。

このために、上の前歯が前に飛び出してきたりします。
また、下のアゴを前後左右に動かすと、上下のアゴが少し開きます。

これは、前歯がガイドとなっているからです。
前歯のガイドがなくなると、下あごを動かすときにも奥歯が常に当たり、
横への力が奥歯にかかります。

奥歯は垂直にかかる力には強いのですが、
横への力には弱いです。

ですので前歯がしっかりガイドしていないと奥歯がやられてしまうのです。
まとめると、前歯にはガイドの役割があり、
奥歯には上下のアゴをしっかりと支える役割があるのです。

これらの役割分担がきっちりと出来ていないと、咬む力に対して、
歯が次々とやられてしまう、咬合崩壊という状態になりかねません。
かみ合わせはとても重要なのです。
ページの先頭へ
日本の歯科医療の現状
日本では歯科治療のほとんどが保険でまかなわれています。
しかし、この保険点数は時代と共に下がってきています。

治療の内容によっては赤字になってしまうものさえあります。
また、歯科材料も飛躍的に進化しています。

一部保険での認可が下りているものもありますが、
比較的新しい材料については保険診療では使えないのが実情です。

歯科治療としてはもっといい材料があるにも関わらず
保険制度の関係で使えないことが多く、
歯科医師として歯がゆい思いをしていることが多いです。

したがってよりよい治療を受けたい!
と思う方はぜひ保険以外の診療を体験してみてください。

より良いものを、より良い材料で、時間をかけてしっかりと行います。
ページの先頭へ
歯科医療の治療費
何回も通わせて何回もお金を取る、そんなイメージを持っていませんか?
しかし、日本の歯科治療費は海外のそれと比較すると格段に安いのです。

アメリカでは根っこの治療をするよりもインプラント
入れたほうが安く済むこともあるようです。

それに引き換え、日本には国民健康保険があり、
最低限の治療は保険で受けられるようになっています。

しかし、保険で受けられるのはあくまでも最低限の治療であり、
最先端の治療を受けようとするとほとんどすべてが
自由診療となり、保険が適用されません。
ページの先頭へ
かぶせ物はどれくらい持つのか?
かぶせ物が入ってようやく終了と思ったあなた。
実は新たな治療の始まりでもあります。

かぶせ物や詰め物はできる限り段差が無いようにお作りしますが、
虫歯や歯周病を引き起こす細菌からすると、
それらの境界部分には大きな段差です。

ですのでかぶせ物や詰め物の境界部分はよく磨くようにしなければなりません。
よく患者様から、かぶせ物や詰め物がどのくらい持つのか?
質問を受けることがあります。

もちろんかぶせ物の設計や精度も大きな影響がありますが、
一番大きな影響を受けるのは、患者様自身のケアです。
ページの先頭へ
治療の限界
歯の治療と一言で言ってもその方法にはたくさんあり、
そのあらゆる方法を使ってみなさまのお口の状態
可能な限り希望に沿うようにさせていただいておりますが、

歯科治療では生体の反応が大きく治療結果を左右しますので、
場合によっては思わしくない治療結果となることもあります。

体の反応は人それぞれで大きく異なります。
歯を抜いても全く痛みが出ない人、とても腫れて痛む人、
反応はかなり異なります。

できる限りそういったリスクについてはご説明いたします。
ページの先頭へ
予防歯科を始めましょう!
ヨリタ歯科クリニックでは、予防歯科を推進しています。

痛くなったら治療する、といった形式ではなく、
虫歯や歯周病が進行するまえに定期的に歯科医院に来院して
いただいて痛みが出る前に治療する、といった予防歯科をお勧めしています。

小さい虫歯や歯周病は痛みが無く進行するため、
症状が出たときにはかなりの重症、といったことがよくあります。

予防歯科は、定期的に来ていただいて重症化する前に
早期発見、早期治療しましょう、というものです。

みなさまに自分のしたいことをして、食べたいものを食べ、
歯のことを気にすることなく、不自由無く生活していただきたい、
そんな思いを形にしたものが予防歯科なのです。
ページの先頭へ
細菌のコントロール
歯の病気のほとんどは細菌によるものです。
細菌をうまくコントロールすることによって病気になりにくくなり、
病気を治すことができます。

一番効果的な方法は、ブラッシングです。
細菌を殺すにはを使う方法もありますが、
歯周病菌はその体の中からぬめりのある物質を出して体中に
まとっているため、が届きにくいのです。

したがって一番良いのは、そのぬめりごと落としてしまうことです。

また、歯石は唾液中のカルシウム成分が結晶化して歯について
しまったものなので、歯石自体には害はありません。

しかし、その表面はざらざらしており、そこに歯周病菌が住み
着いてしまうと、ブラッシングでは取れません。
歯石ごと取ってしまうのが一番効果的なのです。

歯石は専用の器具でしか取れませんし、生活していると
どうしても歯石はついてしまいますので、
数ヶ月に一回は歯石を取りに歯科医院にいらしていただくのが一番の方法です。
ページの先頭へ
なぜ虫歯や歯周病は薬では治らないのか?
虫歯虫歯菌が長時間とどまることによって生じます。
虫歯を除去してプラスチックを詰めたり、
かぶせ物をかぶせたりして、一見きれいに治っているように
見えるところですが、細菌のレベルで見るとどうしても隙間があります。

その隙間に虫歯菌が住み着いてしまうと、やはりそこから虫歯になりやすいです。

したがって治療した歯というのは、
これで虫歯にならない』、というわけではなく、
ただ単に『虫歯が取れました』という状態であり、

詰めたものと歯の間にはわずかな隙間が出来ているので
虫歯になりやすい歯であることには変わりありません。

ですので、治療した歯は治療が終了した後も
しっかりとお手入れをしていただく必要があるのです。
ページの先頭へ
一生自分の歯で過ごすために 今までこれから
お口の中をどうような状態で過ごしたいかを伺うと一番多いのが、
一生自分の歯で過ごしたい、ということです。

では、逆に歯を失う原因としてはどのようなものがあるのでしょうか?
それは大きく分けて3つあり、
虫歯歯周病、そして咬む力です。

虫歯や歯周病はブラッシングメンテナンスによって
予防することが可能ですね。

しかし、咬む力というのはコントロールするのは
とても難しいものになります。

歯並びが悪いと、特定の歯に負担がかかりやすくなり、
大きく磨り減ってきたり、咬むと痛んだりしてきます。

歯並びを良くするには矯正が必要になりますが、
矯正をしなくても咬む力をコントロールする方法があります。

それはマウスピースを使うことです。
マウスピースを使えば、咬む力は直接歯に加わらず、
アゴ全体で均等に受けるために特定の歯が強い影響を受けなくなります。

歯ぎしりするととても強い力がかかるのですが、それでも歯を守ることができます。
ページの先頭へ
歯の神経って取っても大丈夫なの?
歯の一番内部には歯髄と呼ばれる組織が入っています。
ここには神経と血管が入っています。

神経は取ってしまってもほとんど問題ありませんが、
血管を取ってしまうと、歯の活性が落ちてしまうので耐久性は落ちてしまいます。

具体的には虫歯になりやすかったり、
割れやすくなったりすると言われています。

このため、出来る限りこちらでも神経は取らないように
させていただいておりますが、場合によっては神経を
とらざるを得ない場合もあります。

神経を取った場合は、神経がもともと入っていた部分に
詰め物をしたのち、通常であれば、その上に土台をつけ、最終的なかぶせ物が入ります。
ページの先頭へ

ワクワク楽しいホットニュース ワクワク楽しいチームメンバーの声 あなた様へのメッセージfromヨリタ
アクセス&診療時間 診療方針 クリニックの7つのこだわり チームメンバー紹介
大阪府(東大阪市の歯医者)・歯科医院:ヨリタ歯科クリニックには、東大阪市、大阪市、八尾市、
大東市、生駒市、奈良市から患者様が来院されています。
大阪府東大阪市稲葉3丁目11−10ピアザ花園3F<近鉄奈良線 河内花園駅 徒歩1分> TEL : 0729-66-1128

Copyright (c) 2003-2006 YORITA Dental Clinic All Rights Reserved.
website produced by eje Inc.