ヨリタ歯科クリニック
無料メール相談 小冊子プレゼント アクセス
ワクワク楽しい歯のまめ知識
はじめに
歯のまめ知識
治療を始める前のまめ知識
本当にそうなの まめ知識
治療について
虫歯の治療とは
根っこの治療とは
歯に立てる土台とは
クラウンとは
ブリッジとは
保険で白い歯ってできるの?
部分入れ歯とは
総入れ歯とは
インプラントとは
原因に対する治療と結果に対する治療
マウスピース(スプリント)とは
ホワイトニングの話
虫歯の治療とは

虫歯の治療
には大きくわけて4つあります。
小さい虫歯であれば、削ってプラスチックの材料を詰める方法が出来ます。

しかし、奥歯の咬む面にある虫歯など、
力がとてもかかるところに出来た虫歯や、大きな虫歯については、
インレーと呼ばれる部分的な金属のかぶせ物を作るほうが良いです。

また、全体的に虫歯になっている場合には、周囲を削って
全体的なかぶせ物を作る方法もあります。

歯の中にある神経の部分にも虫歯が及んでいる場合には、
根っこの治療をしていく必要があります。

このように一言で虫歯の治療と言っても、その大きさや位置によって、
対応方法がかなり違ってきます。

また、かぶせ物については、
保険外の治療では白いかぶせ物にすることも出来ます。
ページの先頭へ
根っこの治療とは

歯髄(歯の中にある神経)にバイ菌が感染したり、
何らかの原因で歯髄が死んでしまったりしたときに、歯髄を取ることです。

歯は外側から、エナメル質象牙質歯髄とありますが、
歯髄が炎症を起こしたり、感染してしまった場合は歯髄を取らなくてはなりません。

    

歯髄には神経と血管が入っていますが、
歯髄を取ってしまうと歯自体が弱くなってしまいます。

ですのでヨリタ歯科ではできる限り歯髄を残すようにしていますが、
やむをえない場合にのみ取るようにしています。

また、奥歯では一本の歯について歯髄が3本、4本あるうえ、
曲がっていることが多く、どうしても治療に時間がかかってしまいます。

神経を直接触る処置になりますので、術後に痛みが出る可能性があります。
ページの先頭へ
歯に立てる土台とは

歯の頭(歯冠)がなくなり、根っこだけになってしまった歯は、
かぶせ物をつけて歯の形にするのですが、
根っこにかぶせ物がつけられるように補強するものを言います。

具体的には、もともと神経が入っていた部分に
芯棒を立て、それに頭がついたものです。



土台には保険のものでは金属とプラスチックのタイプがあり、
歯の状態によって使い分けています。
また、保険以外のものではグラスファイバーの土台もあります。

金属の土台では、根っこの管の中に金属の芯棒が入っているので、
これがくさびのような働きをして、根っこにヒビが入り、
割れてしまうことがまれにあります。

もしそのようなことが起こった場合は抜歯となってしまいます。

グラスファイバーの土台では、土台全体で力を受けて
ある程度しなってくれるので、金属の芯棒に比べて、根っこが折れにくくなります。

ご自身の歯をしっかり守っていきたい方にはこちらをお薦めしています。

ページの先頭へ
クラウンとは

奥歯など力
のかかる歯で、虫歯などで、
歯の大部分を失ってしまった場合に、再び咬めるように
するために作成する、

全体を覆うタイプのかぶせ物のことです。
ページの先頭へ
ブリッジとは

歯の無い部分にダミーの歯を作り、それを両隣の歯
支えるタイプのかぶせ物です。

入れ歯では、バネが少し飛び出てたり、一日一回は
はずしたりしなければならず少し面倒なところもありますが、
つけたりはずしたりする必要がなく、
ご自身の歯ならびにフィットしやすく、自分の歯のように咬むことができます。

しかし、支えとする歯にかぶせ物をするため、虫歯でなくても
削らなくてはならないところが欠点と言えます。

また、支えとなる歯は、歯のない部分にかかる力も
負担しなければならなくなるため、支えとなる歯の状態が悪かったり
神経を取っていたりすると割れてしまったりすることがあります。

このように、失った歯の本数や、支えとなる歯の状態によっては、
ブリッジに出来ない場合もあります。

また、ブリッジには保険のものと、保険外のきれいなもの(写真)もあります。
ページの先頭へ
保険で白い歯ってできるの?

現在の歯科の保険では、真ん中から数えて
左右3番目の歯(犬歯)までは白い歯で出来ます。

しかし、真ん中から4番目の歯まで、人によっては
5番目の歯までは笑うと見えますので保険の金属が入っていると
場合によってはとても目立ってしまうことがあります。

保険でお作りできるのは銀歯ですが、
口の中では暗い部分が反射するため、意外と黒く見えることが多いです。

また、白い部分はプラスチックで出来ているため、
色素を吸収しやすく、時間が経つにつれて黄色く変色することが多いです。

4番目より後ろの歯を白くしたいときは保険ではできないので
自由診療となるのですが、よりよい材料でかぶせ物をお作りできるほか、
型取りの材料にもいいものを用いるので、より正確なかぶせ物ができます。

色に関しても保険のものよりもより忠実に再現できます。
また、白い部分が陶材で出来ているものは汚れが付きにい材料です。
ページの先頭へ
部分入れ歯とは

歯の無い部分にダミーの歯を作るのですが、
バネプラスチックの床で、
かかる力を分散させて支える入れ歯です。

ブリッジと違い、バネがある分、違和感がありますが、支えとなる歯を
たくさん削る必要がないため、支えとなる歯が

虫歯
も無く、削られたくない、と考えていらっしゃる方の中には
部分入れ歯にされる方もいらっしゃいます。

また、入れ歯は、一日一回はずして洗わなくてはいけませんし、
支えとなる歯が弱い場合には他の歯に支えを求めるために
意外と大きくできあがることもあります。

また、前から見たときに、下の写真にあるように金属のバネ
見えてしまうこともあります。

部分入れ歯ブリッジも嫌だな、とお考えの方には、インプラントもあります。
詳しくは、【→インプラントとは】参照してください
ページの先頭へ
総入れ歯とは

歯が一本も無くなってしまったところにプラスチック
だけでなくなった歯を再現する入れ歯です。

部分入れ歯と違い、バネによる引っかかりが無いので
動きやすいうえ、咬む力は歯を失う前の25% に落ちるため、
硬いものはかみづらくなります。

また、ご自身の歯茎は形が変わりやすいにも関わらず、
入れ歯自体は形が変わることはないので、
使っているうちに、痛みが出たり、外れやすくなったりします。

また、引っ掛けるところがないので、安定をよくするために
部分入れ歯よりもやや大きめになるために、
なれないうちは少し大変かと思います。

ただし一旦慣れてしまえば割と不自由なく過ごせます。
ページの先頭へ
インプラントとは

の無い部分に歯を再現する方法の一つで、
アゴの骨に直接ネジを植え、それを足がかりにしてを再現する方法です。

この方法は保険が適用されないため、
費用と時間がかかるのが難点ですが、入れ歯のように取り外す必要も無く
ブリッジのように健康な歯を削る必要も無いうえ、自分の歯と全く同じように使えます。

昔のインプラントは成功率が低かったのですが、現在使用されている
インプラントは成功率も高く信頼性も高くなっています。

ページの先頭へ
原因に対する治療と結果に対する治療

病気には、病気になる原因がありそれによって
生じる症状とあります。

したがって治療にも症状を和らげる対症療法
病気の原因を除去する治療とがあります。
基本的には、対症療法を行ったあとに原因療法を行います。

対症療法は痛みが和らぐなど、分かりやすいのですが、
原因除去療法は時間もかかるうえ、効果が実感しにくいです。

しかし、原因を除去しない限り、病気の再発の可能性があります。
しかし、原因に対する治療というのは、
もともと痛みが無いので少しつらいものになりかねません。
ページの先頭へ
マウスピース(スプリント)とは・・・

朝起きると顔の周りの筋肉が突っ張っていたり、
が痛かったりしたことはありませんか?

その原因の一つには歯ぎしりがあります。
歯ぎしりは起きているときには出せないような強い力で咬み、
をすり減らせています。

歯ぎしりをずっと続けていると、歯が磨り減ってきたり、
歯が割れたりしてダメになる可能性があります。

では歯を守るために歯ぎしりを止める方法はあるのでしょうか?
結論から言うと歯ぎしりを止めることは出来ません。

歯ぎしりはストレス解消のために行っているという説もあるくらいなので、
これを無理に止めると逆にストレスが溜め込んでしまいかねません。

ではどうすればよいのでしょうか?
歯ぎしりは止められないので、歯ぎしりをしても
大丈夫なようにすればよいのです。それがマウスピース(スプリント)です。

マウスピースをしていただくことで上下の歯が直接当たることを防げます。
また、マウスピースの材料は歯よりも柔らかいので歯ぎしりをしても
歯が削れる前にマウスピースが削れてくれます。

また、奥歯は横方向への力には弱い歯です。
マウスピースをうまく調整することで、奥歯に横方向への力が
かかるのを防ぐことが出来ます。

歯ぎしり自体を止めることは出来なくても、歯ぎしりしても歯に
影響しないようにすることはできます。

これがマウスピースです。
ページの先頭へ
ホワイトニングのお話

歯を白くしたい!そう思ったことのある方が多いと思います。
ホワイトニングと一言で言ってもいろんな方法があります。

こちらでは、ホームホワイトニングウォーキングブリーチ
2種類を使っています。

ホームホワイトニングは、歯全体を白くするタイプです。
まず全体の歯型を取らせていただいてそこからマウスピースのような
ホワイトニングトレーを作ります。

そして寝る前に、ホワイトニングの薬をトレーに入れて
口の中につけていただきます。これを続けていただくだけです。

もう一つのウォーキングブリーチは、すでに神経を
失っている歯を白くするタイプです。
歯の中の神経を取ると、色がやや黒っぽくなってくることがあります。

このような場合、周りの歯に比べて一本だけ色が違うので
目だってしまうのですが、ウォーキングブリーチを使えば、本来の白さが戻ってきます。

このような方法を使っていますが、タイミングも重要です。
ホワイトニングはご自身の歯を白くすることは出来ますが、
かぶせ物や詰めたものについては白く出来ません。

ですので、もし、かぶせ物が入っている場合や、新しく詰め物をする
予定がある場合にはタイミングも重要になってきます。

また、どんな歯でも白く出来るわけではありません。

一部の薬剤による着色や、生まれつきのもの、
病気によるものでは白くすることができません。

このようにホワイトニングは色のタイプや本数、
また治療内容によってその方法、タイミングが異なってきますので、
もし少しでも興味があれば一度ご相談された方がきれいに仕上がります。

気軽にお声をかけてくださいね。
ページの先頭へ

ワクワク楽しいホットニュース ワクワク楽しいチームメンバーの声 あなた様へのメッセージfromヨリタ
アクセス&診療時間 診療方針 クリニックの7つのこだわり チームメンバー紹介
大阪府(東大阪市の歯医者)・歯科医院:ヨリタ歯科クリニックには、東大阪市、大阪市、八尾市、
大東市、生駒市、奈良市から患者様が来院されています。
大阪府東大阪市稲葉3丁目11−10ピアザ花園3F<近鉄奈良線 河内花園駅 徒歩1分> TEL : 0729-66-1128

Copyright (c) 2003-2006 YORITA Dental Clinic All Rights Reserved.
website produced by eje Inc.